• 殺鼠剤と忌避剤を使ったネズミ駆除

    ネズミ駆除にはエサに殺鼠剤を混ぜて設置するのが一般的になっています。

    あなたのご要望に応えるネズミ駆除を知ろうと思っている人にお勧めの情報をお届けします。

    日本では畑や自分たちの貯蔵している食糧を守るために、伝統的にネズミ駆除が行われてきました。

    ネズミを死に至らしめる薬品を使うのが殺鼠剤による駆除ですが、忌避剤というネズミの嫌うハーブなどを用いた駆除方法もあります。

    ネズミは警戒心が非常に強いので、毒を含んだエサを仕掛けても食べてくれるとは限りません。


    エサは設置してから一週間以上は放置しないと食べてもらえないので、殺鼠剤による駆除は非常に時間がかかります。

    忌避剤の場合は、家の侵入口や衛生状態が悪化しやすい場所にあらかじめ撒いておくだけで、ネズミの侵入を防ぐことができます。

    また忌避剤と殺鼠剤を上手に使い分けると、侵入口を一箇所にしぼることができるので、一網打尽にできる可能性もあります。

    ネズミ駆除には昔から使われている粘着剤も効果的です。

    粘着剤は殺鼠剤を食べて弱ったネズミを捕まえるのに役立つ道具なので、駆除を専門とする業者などは効率を上げるために併用することがあります。



    とくに飲食店の場合は、人体に悪影響を及ぼすような成分を使用することがはばかられるので、ネズミの通路を特定して、粘着剤などの罠を仕掛けて捕えるという手法がとられています。



    独力でネズミ駆除をするとお金はかかりませんが、長い時間がかかります。
    根気強く罠を仕掛け続けないと完全に駆除することはできないので、被害を最小限にするために専門家に依頼する選択肢もあります。